日本円を中国の通貨『人民元』に両替する場合、一般的には下記の3つに分けられる。


1.海外旅行慣れしている人
→ クレジットカードを使って現地のATMで現地通貨の引き出し




2.短期の中国旅行者
→ 現地の空港で両替

日本の空港ほど悪くはないが、良くもない。手数料として”両替総額の5%+50元”等がかかってくるので1万円程度の両替だと、日本の空港よりも更に損をすることもある。3万円程度の両替なら迷わず空港で。ただし、遅い時間に到着する場合は注意。前回武漢に行った時は、空港内の銀行は閉まっていました。空港から武漢市内までのタクシー代として300元(5000円)くらいは日本で両替しておいた方が良いかも。



3.中国での長期滞在予定者
→ 現地の市内の銀行で両替

レートは一番良い。待ち時間が長かったりもするが、銀行の店員さんは意外に親切で、銀行自体もあちこちに。

武汉银行2



海外で、いざというときに頼りになるのは現金です。多めに両替しておくことをお勧めします。強盗のような凶悪犯は中国には少ないので、スリや置き引きにさえ気を付ければ、多少多めに現金を持っていても大丈夫でしょう。中国紙幣は100元(1500円くらい)が最高額紙幣なので、10万円も両替すれば60枚程度の100元札に代わります。これだけあれば物価の安い武漢ではちょっとした小金持ち。日本ではなかなか味わえない財布パンパン状態を楽しむことができます。悪趣味でしょうか?

【超ポイント祭?期間限定】 5枚組 レア品 ドイツ製 城 プレート 絵皿 Kaiser カイザー ドイツ キッチン/食器 食器